FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.11

万年筆

知人に万年筆のコレクターがいます。

今、Omas の万年筆でイタリック体を書いているんだけど…と
コレクションの写真をメールで見せてくれました。

私が使うのは、通常つけペン。
なので知りませんでした。万年筆も、奥が深い。
車一台買えそうな値段のものがあったりして、ビックリ。
つけペンは、せいぜい数百円程度です。

知人曰く、Sailor 万年筆、特に、ペン先職人長原宣義氏による万年筆は素晴らしいとのこと。
この方、ペン職人歴63年。現代の名工です。
趣味の文具箱13 (エイムック 1705)
復活!すす竹万年筆の記事に登場されてます。
手に取ってみたいと思える逸品。きっと、高いだろうな。

さて、Sailorに魅せられた知人。
Sailorではイタリック体専用のペン先は製造しないのであろうか?
尋ねて欲しいとのこと。
多分無理と思いつつ、私も、一度万年筆で英字を書いてみたかったこともあり、
問い合わせてみました。

ペン習字用の万年筆がありますが、英語の筆記体用の万年筆はありますか?と
お尋ねしましたら、残念。Sailorの担当の方は、やはり日本語を書くことを第一に
考えてますから、英字を書くには輸入品の方が向いていると思いますとのお返事。
ですが、MS(Music)というペン先の万年筆でしたら、このペンでカリグラフィーを
書かれる方もいらっしゃいますとのことでした。

多分、この万年筆です。→ セーラー万年筆プロフィット14金 ミュージック(MS)


買ってみようかな?と思いつつ、つけペンならではの柔軟性はないだろうし…
思案中。

A fountain pen is like a cult.

その気持、分かりますよ~

でも私は、やっぱり、つけペン派。



英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 






スポンサーサイト

Posted at 20:24 | 手紙 | TB(0) |
2011.03.09

BOOKS! 古書

先日、本屋の窓からのぞいた京都 ~恵文社一乗寺店の京都案内~ で紹介されていた
BOOKS!」 written by Murray McCain, designed by John Alcorn (1962年出版)
読みたくてamazon usa に注文したのですが、やっと届きました!

早速、めくってみると、まず大きなピンクのハート! 
それから、本ってなに?というページにかわいらしいイラスト!
For writing in とつけペンで筆記体を書いているイラストです


books

やはり古いのでちょっと傷みがありますが、十分満足。
見開きには HUNTINGBURG PUBLIC LIBRARY のスタンプが。 図書館所蔵の絵本だったみたい。
どこかな?と調べたら、インディアナの田舎町。図書館のサイトで古びた駅舎が紹介されてました。

本の最後のページの丸い出版社マークには、うっすら鉛筆書きで同じような丸を書こうとした跡が…
いつもなら図書館の本のいたずら書きには眉をひそめるのですが、あまりに丸がいびつで…
いたずらっ子が、頑張ってまねしようとしたのだなあ… と思わずクスリ。

一冊の本で、今日は居ながらにして、旅が楽しめました♪

本の最後に書かれてたステキな言葉を、英語筆記体で筆写します。

本とは、あなたの知らない部屋、知らない町、知らない世界、そこでは誰かが
あなたに語りかけるのを待っていてくれる



英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 




       




Posted at 20:22 | 手紙 | TB(0) |
2011.02.07

恵文社一乗寺店

京都の左京区に恵文社一乗寺店という本屋さんがあります。
本屋さんというより、゛本にまつわるあれこれのセレクトショップ
京都だけでなく、全国にファンがいます。私も、そのひとり♪

私好みの本が出版されました。
 本屋の窓からのぞいた京都 ~恵文社一乗寺店の京都案内~

本のはじめで、ここで取り上げられるモノやお店、風景の数々はごく個人的なもので、
あるひとにとってはまったく役に立たないものかもしれません

とおっしゃってましたが、私は役に立つ立たない以前に、ゆったり楽しめました。
ページをめくるたび、まるで一人ぶらり旅をしているよう。

そしてもうひとつ。
この本の中で、「BOOKS!」という本の案内があり、あるフレーズを紹介していました。

眺めたり、色を塗ったり、書き込んだりできて何よりも読むもの。インクや紙、
 糸でできていて持ち運べるもの。ペルーやインドやフランスでも、あなたが見ている
 のと同じものをほかの少年少女たちが読んでいるかもしれません
」  
          「Books!」マレー・マッケン(文) ジョン・アルコーン(絵)より

 残念ながら、この本は古本のため恵文社書店では扱っておられないそう。
   
 本は、手にとって大切に眺めたいものですよね… 当たり前のことですが。
 今は電子書籍の時代となり、当たり前でなくなりつつあるのが悲しい。
 
 筆記体で綴ったインクの香りのする本を手作りで作ってみたいな、と思います。 

PS: 「Books!」 amazon.usa で古本を見つけたので早速注文。
  パソコン全盛の時代に感謝しなければいけないのですが…ちょっと複雑な気分。


英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 





Posted at 19:44 | 手紙 | TB(0) |
2010.10.25

「手書き文字」

今日の産経新聞の記事 10月25日
 国語逍遥 by 清湖口敏
「手書き」の衰退 

 英語筆記体が斜陽の一途をたどっているのは分かっていましたが…
日本語でも字を書く習慣が失われつつあるという記事を読んで、ガックリ。

そうですよね。
今の時代、書籍でさえ、ipad?などという機器を使いこなせば簡単に読めるらしい。
超アナログ人間の私には、想像もつかないことですが。

記事曰く
漢字に限らず、およそ手で文字を書くという行為は、脳の活性化に加えて
人格の涵養にも大きく寄与するはずである。手書きの文字は情報機器で
打ち出す文字とは違って、書き手の一刻ごとの心理や気息が反映するため、
一つとして同形の文字はない。「文字は人なり」といわれるゆえんがここにある


よくぞおっしゃってくださいました。
私の気持ちを代弁してくださって、感謝で一杯♪

記事は続きます。
「平家物語」では、処刑を待つ身の平重衡にやっと会えた妻が
「はかなき筆の跡こそながき世の形見」と言って硯を出す。
筆跡を形見にと願う妻の心情が憐れを誘う場面で、残された文字は
故人をしのぶうえで格別に重要だったのだろう。
日本には「書く」ことに高い精神性を見る風土がある


日本人として、この気高い精神性を失いたくありません。
どうか、字を書く素晴らしさを忘れないで欲しい、と思います。

今日はJohn Donneの言葉を英語筆記体で筆写しました。

Sir, more than kisses, letters mingle souls; for, thus friends absent speak. John Donne

心と心のふれあいには、手書き文字が一番です。
私も、大切な人の手紙は、何度も読み返しています。
年末に開催されるJ-LAF 主催の「文字書く人たち

ここにも書き手の思いがこめられています。是非、お立ち寄りを♪


英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 









Posted at 20:41 | 手紙 | TB(0) |
2010.04.12

ホグワーツ魔法魔術学校かtらの手紙

ポッター様

このたび、めでたく入学を許可されましたこと心よりお喜び申し上げます。
教科書並びに教材のリストを同封いたします。
新学期は9月1日に始まります。
7月31日必着でふくろう便にてのお返事をお待ちしております。
                                    ミネルヴァ・マックゴナゴール
                                     副校長

英語筆記体で筆写しました。こういう英文には筆記体がピッタリ♪
このような手紙を受け取れば、身も引き締まりますよね。

ハリーの入学式は秋ですが、日本では今が入学式シーズンです。
桜満開の中で新しい門出を祝うというのは、自然に恵まれている日本ならでは♪
私の甥も、4月から新中学生です。
筆記体を教えてあげるからね~覚悟しなさい!と伝えてあるのですが…
机の前に座るより、まだまだ外を走り回って遊びたいようです。

お祝いに桜のケーキなどどうかなと思案中。

桜のモンブラン
桜のロールケーキ
桜のシフォンケーキ

英語ペン習字教室LITTERA筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪

写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 








2010.04.05

ヴォルテール

今日はヴォルテールの言葉を英語筆記体で筆写しました。

友情は魂の結びつきである。
涙は口をきかない悲しみの言葉である


フランス語の原文はどうなっているのでしょうか…

京都にVoltaireという万年筆専門店があります。
何度か覗いたことがあります。
いつもつけペンばかりなので一度万年筆でも書いてみたいと思いつつ…
迷っています。でも、お店を覗くだけでも、楽しい。

ヴォルテールは、マドレーヌの誕生秘話にも名前が登場♪

パティスリーララの菊川シェフの説明に寄りますと、
18世紀中頃、ロレーヌ公に迎えられたルイ15世の義父、スタニスラス・レツィンスキーの宮廷で、文学者ヴォルテールなどとの会食のしめくくりのデザートをめぐってパティシエと、料理長が喧嘩していなくなってしまい見習いのパティシエール(女性菓子職人)が代わりに造ったのがマドレーヌでした。その娘がマドレーヌと言う名前と言う説と、その娘がコメ ルシー出身でそのころコメルシーの町にマドレーヌというパティシエールがすでに考案して売り出していたという説です。

京都に、松屋長崎さんというカステラ屋さんがあるそうですが、そこのマドレーヌが絶品だそう♪
一度是非訪れてみたいお店です。

英語ペン習字教室LITTERA筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪

写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 










2010.03.22

英語で日記

英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPする
という本を見つけました。

日記で英語力をつけるといアイディアは素晴らしいと思うのです。
でも、私には英語の表現力が身に付いていないので…
とりあえずは、ステキと思った文章を筆記体で筆写することをもう少し続けます。

今日はブリジッド・ジョーンズの日記から、筆写してみます。
スイーツ好きなので、この言葉。

自分を元気づけるために、仕事に行く途中でカプチーノとチョコレート
クロワッサンでも食べることにした。体重のことなんか、どうだっていい。
愛してくれる人、気にかけてくれる人がいないんだから、そんなこと気にしたって
はじまらない

ブリジッド、自棄になってはダメ。甘いモノは楽しい気分で味会わなきゃ♪

友人がおいしいトリュフを贈ってくれました。
ボンガトウというレトロなお店のチョコ♪
なめらかな舌触りで美味しく頂きました。

Bridget Jones's Diary(映画『ブリジット・ジョーンズの日記』原作)

英語ペン習字教室LITTERA筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪

写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。