FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.18

カリグラフィーペンでいろはにほてと

気持ちのよい日が続いています。

ベランダでハーブをいくつか育てることにしました。
バジル、ローズマリー、セージ、ミントをまずは手始めに。
私はグリーンフィンガーの持ち主ではないので、多分夏までに枯れてしまうかも…
そうならないようせっせと世話をしましょう。


最近カリグラフィーフレンドにひらがなをカリグラフィーペンで書いてみてと頼まれ、
色々試し書きしています。アルファベットならばお手の物なのですが、ひらがなや漢字を
カリグラフィーペンで書く!となると四苦八苦。
友人は私にとっては母国語だから簡単であろうとのたまうのでありますが。大きな誤解。
でも、筆で書くのとちょっと違う面白さを発見。少しずつはまってしまってます。

さて、これから鍼灸治療に出かけます。寄り道してのスイーツ探しも楽しみの一つ。


今日はハーブに関する言葉を選びました。

If one consults enough herbals...
every sickness known to humanity will be listed as being cured by sage.
Varro Taylor, Ph.D. (herb expert)




英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内 
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 




スポンサーサイト

Posted at 10:33 | アート | TB(0) |
2011.06.25

怖い絵

図書館で、面白い本を見つけました。

怖い絵

美術館に絵画を見に行く時、好きか嫌いか、線が綺麗かどうかetc、私の鑑賞方法は、まことに大雑把。
鑑賞後、カフェでの休憩の方が長い場合もあったりして…
まさに、私のようなものにうってつけの本です。

タイトルが「怖い絵」なので、もちろん誰もが一目見て不気味な印象を持つであろう絵の
解説が多いのですが、一見して「ああ、綺麗だな」と思う絵に思いがけない秘密が隠されている…
それを知ると、絵画もまた違った角度から楽しめます。

怖い絵2
怖い絵3

と続編も出版されているようなので、読んでみようと思います。


さて怖いと言えば、カール・ユングが面白い言葉を残しています。

特に美しい女性というのは恐怖の根源である。概して美しい女性には、ひどく失望する。


英語筆記体で筆写します。



そして今日のお茶請けは、
そろそろ水羊羹の季節です。さっぱりした和菓子をと探していたのですが、福島の和菓子を購入。
柏屋 薄皮饅頭
こし餡がぎっしり詰まっています。




英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 








Posted at 20:11 | アート | TB(0) |
2011.06.03

土をこねる

友人のご主人が趣味で陶芸をされてます。

「楽しいみたい。やってみる?」ということで、先日陶土を分けてくださいました。
成形したら一緒に焼いてあげますとおっしゃって下さったので、週末我が家で挑戦してみることに。


当日、気分を盛り上げるため音楽をかけ、陶土を台に乗せ、さあどうする?
まず頭に浮かんだのは、ビスケット焼くみたいにめん棒で伸ばして切り抜いたらきっと簡単であろう…と。
で、やってみました。せっせと伸ばして、さあビスケットのように型抜きしようと思ったら、
打ち粉もしていないのですから、当然台から離れません。茫然自失。
そう言えば、陶土を切るには、竹べら、細いワイヤー使用とのメモ書きが入っていたような。
気を取り直し、再度こね合わせ、腕組みすること数分…

まあいいや、出たとこ勝負!と潔く決断。団子状の陶土の中央に大きな穴を握り拳であけ、
ちょっとずつ穴を広げて、ボウルを作ってみることにしました。こんなやり方でよいのだろうか?と
迷う暇なく、ひたすら揉んで撫でて、あっという間に時間が経ってしまいました。
ちょっと歪な形ですが、なんとか成形完了。
果たして、きちんと焼けるでしょうか?
一週間ぐらい乾燥してから焼成するそうなので、しばらくこのままリビングに置いておきます。
さて、どうなることやら。

でも土をこねたのは、何年ぶりでしょう。もしかして小学生の図工の時間以来?


陶芸? 大好き。 気持ちが落ち着くの。まるで別の惑星に連れていってくれるよう

モデルで女優でもあるエヴァ・ハーツィゴヴァの、シンプルだけど的を射た言葉。
たまに土遊びも良いですね。童心に返って。筆記体で筆写しました。

そうそう丁度嬉しい贈り物がありました♪

和久傳 のれんこん菓子 西湖です。

れんこんのでんぷんから作った和菓子で、生笹にくるまれています。
もちもちとした口当たり、かなり抑えた和三盆の甘さ。辛党の方にもお勧めです。

一生懸命土をこねた後の一服は、また格別。
味わいながら、和菓子に合うお皿を成形すれば良かったかな…と
色んなアイディアが湧いてきて、いつもながら後の祭り。

再度確認しましたが、やっぱり、器の形がかなり歪です。
願わくば性格故でありませんように…




英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 











Posted at 19:57 | アート | TB(0) |
2011.05.12

再び パウル・クレー 

毎年、なぜか春に体調を崩してしまいます。
ある年は胃腸、またある年は、頬が腫れる…

今年は…とびくびくしてましたら、腰にきました。
腰痛です。
連休初日に訪れたパウル・クレー展も、腰をさすりさすり鑑賞。

そのパウルクレー展、会期も終了間近。
腰は痛いけれど、どうしても、もう一度行きたい!
友人がチケットを譲って下さったのです。
この機会を逃すまじ!
再度、腰をさすりさすり行ってきました。
Kさん、有り難う。痛みを忘れるほど…とまではいきませんでしたが、十分堪能。

鑑賞後、昂揚した気持におされて、きっと運動不足がたたっているのだ!と、
岡崎周辺を、てくてくならずヨタヨタと歩いてきました。

途中寄り道したのは、ベッカライ・ペルケオ

先だって、実家の母が大量のいちごジャムを作って送ってくれました。
毎日ヨーグルトと一緒にも飽きてきたし…
ジャムに合うパンは、どれでしょう?と尋ねまして、選んだのは
「はちみつを塗っても美味しいです」と勧めてくださったアルトシュタット ブロート♪
プレッツエルも、この店イチオシだそうです。
レジ横の、チョコがけしたアーモンドクッキーもゲット!


質実剛健なドイツパンを食して、腰痛も乗り切るぞ!




英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 






Posted at 20:01 | アート | TB(0) |
2011.04.29

パウル・クレー

行かなくちゃ!と気にしつつ、やっと訪れることが出来ました!

パウル・クレー おわらないアトリエ展 京都近代美術館

連休初日なので開館と同時に飛び込み、混み合う前に心ゆくまで堪能。
ひたすらじーっと見続けて、意識朦朧状態で帰途につきました。

今日は、地下鉄東山駅から美術館まで、駅の東側の小さな路地を入り川沿いを歩いて行ったのですが、
途中、民家の前に和菓子の名前の貼り紙を目ざとく発見。 柏餅、にっき餅 etc…
でもショーウインドーらしきものもなく、売っているのかしら?と気にしつつ、帰りに寄ってみることに。

さて、帰りに覗いてみました。
奥で忙しそうに職人さん達が立ち働いています。
商品は、入口前の小さな机にパックに入った和菓子が数種類積み上げてあるのみ。
ぼーっとしたまま、買えるのかなぁ?と迷っていますと、
「宜しかったらお一つからでもどうぞ!」と奥から声をかけてくださったので、柏餅を2個買い求めました。
味噌餡と漉し餡。包み紙には四条祇園饅頭と印刷してありました。
ここは祇園饅頭 工場、なんとラッキーなことに出来立てを買うことが出来たのでした。

我が家で、クレーの後の柏餅。
朦朧状態もやっと落ち着きました。


クレー展は15日までなので、もう一度訪れて彼の魅力に再度触れてみたいと思います。
次回は、祇園饅頭工場で、にっき餅も。

確か、美術館の近くに好日居 というカフェがあるはずなのですが… 
今回は立ち寄る時間がありませんでした…残念。


パウル・クレーの言葉 
線をこんな風にとらえているのか…と感覚的に理解できるのですが
日本語でぴったりな言葉が浮かばない…


A drawing is simply a line going for a walk.
Paul Klee

A line is a dot that went for a walk.
Paul Klee




英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品



写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 




       





Posted at 20:42 | アート | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。