FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.04

アガサ・クリスティ

アガサ・クリスティ作 死者のあやまち (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)で、
ナッシ屋敷を手放したフォリアット夫人が、ポアロの前でつぶやいた詩句。

アガサ・クリスティの墓石にも、この詩の一節が刻まれています。

労苦の果ての眠り
荒海の果ての港
戦士の果ての憩い
生の果ての死は
大いなる喜びなり
       エドマンド・スペンサー

英語筆記体で筆写しました。
 
スイーツと言えば、アガサの大好きなのはクリーム・ティー
昔、初めて読んだときには、単なる濃いミルクティのことなのかなぁと思いこんでました。
これは、デヴォンシャー・クリームとジャムを添えたスコーンのこと
今ではアフタヌーンティの定番で、皆さんおなじみですよね。

そしてクリスティの作品に良く登場するのは、ジンジャーブレッドやキャロットケーキなどなど。

野菜スイーツで有名なパティスリーポタジェ
こちらのキャロットケーキは、イギリス風の素朴なパウンドケーキとは異なり、
ヘルシーかつ上品な味わいです。

アガサ・クリスティーの晩餐会―ミステリの女王が愛した料理
料理で読むミステリー (生活人新書)
Tea & Biscuits: A Quintessential British Institution (Indulgence Collection)


英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 










スポンサーサイト

2009.07.20

ヘイオンワイと筆記体!

イギリスにある古書の町、ヘイ・オン・ワイをご存知ですか?
ウェールズの南に位置する小さな田舎町ですが、本好きにとっては
一度は訪れてみたい魅力的な町だそう。
神田神保町とヘイ・オン・ワイ―古書とまちづくりの比較社会学

あらゆる良書を読むことは、
過去の最良の人物たちと会話することだ
。  ルネ・デカルト

英語筆記体で上記の英文を筆写しました。

機会があれば、ヘイ・オン・ワイを訪れて、最良の人物たちとの会話を楽しんでみたい・・・

今日のお茶のお伴は、ベノアのメープルスコーン。
スコーンといえば、さくさくとした食感ですが、ベノアのはホットビスケットに近い感じ。

Hay-on-Wye
ベノア
英語ペン習字教室LITTERA ←英語筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品

写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
2009.04.23

筆記体とジャムとスコーンと・・・

 アガサ・クリスティのユーモアのある一言。彼女が考古学者である、マックスと再婚した際、
 「なぜ考古学者と?」という質問に答えたもの。
 英語筆記体で筆写しました。

 「考古学者は、どんな女性にとっても最高の夫ですわ。妻が古くなればなるほど
  興味をもってくれますもの
 
 アガサ・クリスティー自伝〈上〉 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
 アガサ・クリスティー自伝〈下〉 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 アガサ・クリスティを楽しむなら、やはりダージリンとスコーンでしょう・・・
  北山紅茶館のスコーンは知人の英国人も絶賛のおいしさです。 
  北山紅茶館

 おみやげに買ったスコーンはミディ・アプレミディのジャムと一緒に頂きましょう・・・

 京都 勝手に贔屓
英語ペン習字教室LITTERA ←英語筆記体に興味のある方はこちらをクリック♪
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品

写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
2009.03.30

エルキュール・ポアロ

「ホロー荘の殺人」  The Hollow: A Hercule Poirot Mystery (Agatha Christie Collection)
 英文の一節を、筆記体で筆写しました。

 エルキュール・ポアロは靴についた最後の埃をはらった。
昼食会のために念入りに身支度をしたのだが、その結果には満足していた。
 イギリスの田舎で日曜日に着る服のことは彼もよく知っていたのだが、彼は
イギリス人の考えにあわせて服装を選ぼうとはせず、自分流の都会的スマートさ
を選んだ。彼はイギリスの田舎紳士ではなかった。
あくまでもエルキュール・ポアロなのだ!
          アガサ・クリスティ


ポアロと言えば、チョコレートの缶を大切そうにかかえて小股に歩くシーンが印象的。
チョコレートと「ナイル殺人事件」のタイトルでイメージが湧きます。


オ・グルニエ・ドールのピラミッドのチョコレートケーキは絶品!
京都旅楽
英語ペン習字教室LITTERA ←英語筆記体に興味のある方は、こちらをクリック!
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品

写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。