--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.29

パウル・クレー

行かなくちゃ!と気にしつつ、やっと訪れることが出来ました!

パウル・クレー おわらないアトリエ展 京都近代美術館

連休初日なので開館と同時に飛び込み、混み合う前に心ゆくまで堪能。
ひたすらじーっと見続けて、意識朦朧状態で帰途につきました。

今日は、地下鉄東山駅から美術館まで、駅の東側の小さな路地を入り川沿いを歩いて行ったのですが、
途中、民家の前に和菓子の名前の貼り紙を目ざとく発見。 柏餅、にっき餅 etc…
でもショーウインドーらしきものもなく、売っているのかしら?と気にしつつ、帰りに寄ってみることに。

さて、帰りに覗いてみました。
奥で忙しそうに職人さん達が立ち働いています。
商品は、入口前の小さな机にパックに入った和菓子が数種類積み上げてあるのみ。
ぼーっとしたまま、買えるのかなぁ?と迷っていますと、
「宜しかったらお一つからでもどうぞ!」と奥から声をかけてくださったので、柏餅を2個買い求めました。
味噌餡と漉し餡。包み紙には四条祇園饅頭と印刷してありました。
ここは祇園饅頭 工場、なんとラッキーなことに出来立てを買うことが出来たのでした。

我が家で、クレーの後の柏餅。
朦朧状態もやっと落ち着きました。


クレー展は15日までなので、もう一度訪れて彼の魅力に再度触れてみたいと思います。
次回は、祇園饅頭工場で、にっき餅も。

確か、美術館の近くに好日居 というカフェがあるはずなのですが… 
今回は立ち寄る時間がありませんでした…残念。


パウル・クレーの言葉 
線をこんな風にとらえているのか…と感覚的に理解できるのですが
日本語でぴったりな言葉が浮かばない…


A drawing is simply a line going for a walk.
Paul Klee

A line is a dot that went for a walk.
Paul Klee




英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品



写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 




       




スポンサーサイト

Posted at 20:42 | アート | TB(0) |
2011.04.27

スカーバラ

イギリス、ヨークシャーにスカーバラという町があります。


イギリスのミステリードラマに凝っていて、たまたまスカーバラという町が
ダルジール警部孤高の警部 ジェントリーに登場しました。
海沿いの町でドラキュラゆかりの町らしい…

折しもリンボウ先生の「どこへも行かない」旅という本を読んでいるところで、この本は
多分、そうであろうと想像していたとおり、あまり観光客の行かない土地の紹介本です。
旅をするなら、あちこち動き回るのではなく滞在型推奨。
いいですね。私も滞在型。まず、第一に体力がない!ということがありますが。

Cottages, B&Bs and Country Inns of England and Wales: Staying Off the Beaten Track, by Elizabeth Gundry (Fodor's Cottages, Bed and Breafasts and Country Inns of England and Wales)

上記の「本をひっそり人のあまり訪れない田舎の宿のガイドブックとして勧めておられました。

そしてその本から、スカーバラのとある村を引用して取り上げてありました。
なんたる偶然。

リンボウ先生の訳に寄りますと

「この18世紀建築の農家は、道に面していない側に部屋があり、したがって非常に静かである。
そうしてどの部屋もみなとりどりに個性がある。たとえば、一つの部屋は、厚い壁に守られた
ピンクの一室で、煉瓦の炉床に薪の燃える暖炉を持ち、ピンクとグリーンのベルベットのアームチェアが
この暖炉を囲むように置いてあり、食卓にはチッペンデール・スタイルの椅子を配する」
イギリスの古い田舎の宿の雰囲気が、良く伝わってきて、泊まってみたいなぁと思いますね。

田舎のB&Bに泊まるのは、イギリスの旅の楽しみのひとつでしょう。
あたりはずれもあるようですが。

ぜひスカーバラ行ってみたいです。

もうひとつお勧めのミステリードラマを忘れていました。
リンリー警部
主人公が暗く、陰があるのに惹かれます。
ペーパーバックも買ってしまいました。
最初の見開きにニーチェの言葉が引用されています。

おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。

やはり暗い… 取りあえず筆記体で筆写します。

With No One as Witness (Thomas Lynley and Barbara Havers Novels)



英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内 
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 





Posted at 20:36 | 自然 | TB(0) |
2011.04.17

御所の桜

先週、眼科の帰りに友人と誘い合って、御所の桜を眺めてきました。
丁度、春の一般公開日でした。

まずは、久しぶりに会う友人と御苑の南にあるブランブリュン、で軽くランチ。
チョコレート専門店ですが、ランチにケーキ付きで格安ランチが頂けます。
その後、小雨の中、ゆっくり御所を散策しました。

友人から加賀ゆびぬきのプレゼント。お手製です。
色鮮やかな絹糸でかがったゆびぬき。
掌に載せて眺めれば、優雅なお姫様気分。有り難うね。
5月に金沢で公募展が開催されるそうです。
しんぶる じゃぱん

最近は、ほとんど外出することもなく家で過ごすことが多かったのですが、
思い切って桜見物して少し気分も晴れました。

True friends are never apart, maybe in distance, but not in heart.

たとえ離れていても、心でつながっている… それが本当の友人

卒業、入学式シーズン、そして新たな旅立ちの時に
友だち同士で、このような言葉を贈り合えればと願い、筆記体で筆写しました。

そしてアメリカからの応援の言葉

We are Tomodachi. もわすれられない言葉です。

英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 









Posted at 16:07 | 始まり | TB(0) |
2011.04.04

チーズケーキ

百貨店の北海道展に行ってきました。
大体いつもの定番がそろっています。ロイスチョコ、マルセイバターサンドなどなど。
さて、毎回素通りしていたのですが、今回初めて購入しました。

ルタオ のドゥーブルフロマージュ あの二層になった有名なチーズケーキ。
丁度誕生日だったので、丸い誕生日っぽいケーキを買いたいと思ったのです。
濃い目のブラックコーヒーで頂きました。
巨大なカマンベールみたいで、チーズが濃厚かなと小さめにカットしたのですが、
かなりさっぱりめ。美味しかったです。

個人的には、静岡の義姉が送ってくれた まるたや のチーズケーキ、 チーズボックスの方が好みかな。
こちらも二層になっていますが、周囲にサクサクのクッキー生地がたっぷり。

友人が美味しかったからと勧めてくれたのが、デリチュース のチーズケーキ。
まだ未体験。

友人と震災について話していたときのこと。
義捐金以外でも、何かできることはないかしら。
福島県の野菜が出荷停止になりましたが、小さいお子さんのいらっしゃる家庭なら
放射能汚染に過敏になって当然です。
でも私たちおばちゃんなら平気、出来ることなら関西に送って欲しい。
インターネットで福島の野菜販売がないだろうかと友人の一人は探したそうです。
私は、東北のお菓子を中心に探してるよと、情報交換。
販売再開されたお店に、エールをこめて発送をお願いするつもりです。

カワトク
会津葵
日の出屋
松栄堂


英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 





Posted at 16:43 | 始まり | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。