--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.04

あなたに伝えたい・・・筆記体の魅力♪

 あなたに伝えたい・・・筆記体の魅力

英語の名作、名文のフレーズを丁寧に筆写すれば、きれいな筆記体が書けるようになり、
同時に英語力も向上します♪


 ①英語筆記体・ペンマンシップとは?

 カリグラフィーが広義に文字の芸術を意味するのに対し、ペンマンシップは日常に使用される
美しい筆記体文字を指します。いわゆる「英語ペン習字」です。

 ②筆記体は、もう古い?

 確かに、学校教育では教えている学校を探す方が大変でしょう。
読み書きに時間を要する?筆記体より、単語を少しでも暗記した方が得策という考え方から
かもしれません。
 欧米でもすらすら筆記体で書ける人は少なくなってきています。
パソコンでメールの時代となり、さらにそのことが加速しているのかも・・・

 しかし、デジタル化が進む世の中だからこそ、手書きで文字をゆっくり書く時間を持つのは
かえって新鮮かもしれません。

 昨今、日本にわざわざ書道を習いに訪れる外国人も多々いるようです。
彼らが書く流麗な漢字を見せられ、やられた~と恥じ入ったことはありませんか?
 ならば、外国を訪れたとき、すらすらと筆記体で文章を書いて恐れ入らせて
みませんか?欧米でも、流麗な筆記体が書けるのは、教養のあるあかしです。

 ③筆記体性格
 
 筆記体に魅せられる自分を自己分析してみました。
以下の性格に心当たりがある方は、是非「筆記体で書くこと」を始めてみては?

  ◆もちろん、インドア志向(お家でまったりが好き)
  ◆本好き(つんどくも含めて)
  ◆おしゃべり好きというより、聞き上手?
  ◆気に入ったことには一心不乱に取り組む・・・?
  ◆人と同じものはイヤ、同じ事はしたくない、少数派志向
  ◆目立ちたいんだけど、恥をかくのはイヤという意味で「内向的」(上記に関連して)

                                           等々

  閑話休題。
  さて、ここまで読んだ方の中で、筆記体で書く「英語ペン習字」なんて、女子供のお稽古でしょと
  思われた方もあるやしれません。
  欧米の著名なカリグラファーには、堂々たる殿方も多いことを記しておきます。
                                   誤解無きよう、念のため。


                                        
  もし、ちょこっとでも英語筆記体に興味を持たれた方は、覗いてみてください。

英語ペン習字教室LITTERA ←英語筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plusカリグラフィー教室ご案内
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


      
   
  「The style is the man himself」  「文は人なり」 

写字室リテラ」にお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ   blogram投票ボタン


スポンサーサイト

2014.04.03

筆記体ならおまかせ下さい♪ Part ①

筆記体の3つの魅力とは

①温かみのある手書き文字が好印象を与えます
  
  文字のイメージ、イコール、書いた人のイメージですよね。
  ほんわかした人の字は、やはりほんわかした感じ・・・
  切れる人は、やはりシャープな感じ・・・
  (下の筆記体サンプルをご覧下さい♪)

②相手に気持がダイレクトに伝えられます。

  国際化の時代、カードを送ることも多いでしょう。
  ひとこと手書きのメッセージを添えるだけで、洋の東西を問わず、受け取る人は嬉しいものです。

③英語力向上につながります。
  
  「東大合格生のノートは必ず美しい」というベストセラーがありましたが、
  読みやすく美しい英字で、丁寧にノートにメモを取ったりすることが学力向上につながるのでしょう。
 
綺麗な筆記体が書ける3つのコツ

①自分の気に入ったお手本を参考にする

②丁寧にゆっくり、心を込めて書く

③自分の文字の個性を生かす

 コツは簡単。
 シンプルですが、この3つさえ守れば、きれいな筆記体が書けます。

「始めに言葉ありき」

筆記体b


上記の筆記体ですが、少しづつ雰囲気が違いますよね。
どんな人が書いたの?と気になりませんか。

実は、すべて筆者が書いたものです。
今日は、朝から頑張るぞー!とやる気満々の日。
ちょっとブルーな日・・・
落語を聴いて、一日笑いが止まらない日etc
その時々の気分で書いた筆記体です。

気分によって、字も変わります。
同じテキストを使用しても、人によって違った形が仕上がるのも当然です。

各人の個性を伸ばせるような筆記体が書けるようお手伝いさせて頂きたいと思っています。
筆記体が書けるコツ③に関しては、LITTERAにおまかせ下さい♪

英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味を持たれた方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品

         




写字室LITTERAにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。