--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.28

英語の草書体

このブログでは英語筆記体の楽しい書き方を紹介しています。
ところが、最近ショックな記事を発見(涙)

タイムの記事によると…タイトルが手書き文字の死を悼む
記事によると、手書き文字は、もはや失われたアートとなりつつあるのだそうです。

世の流れとしては仕方がないのかも知れませんが、
記者は、その事実を当然と言うよりは悲しんでいるので
隠れたフアンはいますよ♪ とエールをおくりたいです。

英語筆記体は読めない、書けないという方も増えつつあります。
 
中学校では、ブロック体だけを習いますが、
出来れば、アルファベットには基本の書き方は、3つあると知って欲しい。

ブロック体
イタリック体
筆記体

この3つの書体を日本のお習字と比べてみましょう。
ブロック体楷書(字をくずさずきちんと書く書き方)
イタリック体行書(楷書をややくずした書体で楷書と草書の中間にあたる書体)
筆記体草書(楷書、行書をさらにくずして芸術的な美しい形に発展させた書体)

そんなおおざっぱな分け方していいの~と、もしかしてお叱りを受けるかも知れませんが、
比較した方が分かり易いと思うのです。
日本語でも、時と場合において、楷書や行書を使い分けていますね。
アルファベットも同じ事。この3書体を知っておけば、いつでも、きれいな英語が書けます。

楷書、行書、草書までもが、死語と言われれば…でもそんなことはないでしょう?…

スイーツで気を取り直します。
今日は、どちらかといえば少し辛党路線で。

逸品会の宴の華でお茶にしました。
初体験♪なんと粋なお味でしょう♪リピートしそう。
ぎぼしの吹き寄せは、大好きで良く買うのですが、
両方とも食べ出したら止まらない。甲乙つけがたし。

英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 








この記事へのトラックバックURL
http://littera616.blog16.fc2.com/tb.php/191-ae885226
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。