--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.22

文字書く人たち

先週末は所用で東京に出かけました。

年末に、ジャパン・レターアーツ・フォーラム  J-LAF 主催で 文字書く人たちというイベントが、
池袋の 自由学園明日館 で開催されるのです。
私も、お声を掛けていただき、パフォーマーの一人として参加することになり、その会場見学に。

イベントは、12月26日(日曜日)18:00 ~
16人の書き手が2時間文字を書き続ける静寂のパフォーマンスです。
明日館はフランク・ロイド・ライトの設計で、周囲は都内とは思えないほど静寂に包まれています。
このような静かな雰囲気の中、2時間も好きなだけ字が書けるのです。嬉しいこと、この上なし。
当日は、「カルミナ・ブラーナ」をフラクトゥール体で書く予定。

さて、見学と打合せの前後は、スイーツ探検です♪
普段は粗食の私も、お許しが出たので今回は甘味三昧でした。

まず、本郷の近江屋洋菓子店
こちらのクッキィは、今のところ私の一番のお気に入り♪なので、上京する際には必ず寄るお店です。

画材店も寄らなくっちゃと新宿の世界堂へ。
お目当ては、そこだけでなく、花園茶寮 もです。お昼時なので、迷ったあげく季節の栗ぜんざいを選びました。

翌日の午後は、駒込で大学時代の友人と待ち合わせなので、それまでに駆け足で、浅草の 龍昇亭 西むらへ。
元祖栗むし羊かんを買い求めました。
そして、人形町では 重盛永信堂のゼイタク煎餅を。パピロは袋を開けたとたん、ヴァニラの香りがふんわり♪

友人は、駒込で アルプス洋菓子店 に連れていってくれました。
昔ながらのバタークリームを使ったケーキやシュークリームで有名なお店とのこと、私好みです。
大好きなチョコレートケーキとコーヒーで2時間近くおしゃべりしてしまいました。

別れ際に、友人は甘党の私に 喜福堂のあんぱんをおみやげに持たせてくれました。
巣鴨で行列の出来るあんぱんのお店だそうです。
評判のお店の名に恥じず、あんがぎっしり詰まっていて美味しかったです♪

帰宅後、早速「カルミナ・ブラーナ」の一節を筆写しました。
今回は筆記体でなく、フラクトゥール体で。
この書体は、16世紀後半から第二次大戦頃までドイツで印刷に常用されていたブラックレターの一種です。


運命の女神よ、貴女は月の如く満ち足り欠けたり、常に定まらない。
人生も同じこと、確かなものは何もなく、
運命に弄ばされ貧乏も権力も、氷のように無に帰する、
恐るべき空虚な運命よ、おまえは車輪の如く回ってゆく…


たくさんスイーツも買ってきたことだし、しばらくは写字室にこもり
筆記体だけでなく、フラクトゥール体の世界に浸ります。

文字書く人たち ←どうぞお越し下さいね。

英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 





この記事へのトラックバックURL
http://littera616.blog16.fc2.com/tb.php/207-838ff7c3
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。