--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.29

パウル・クレー

行かなくちゃ!と気にしつつ、やっと訪れることが出来ました!

パウル・クレー おわらないアトリエ展 京都近代美術館

連休初日なので開館と同時に飛び込み、混み合う前に心ゆくまで堪能。
ひたすらじーっと見続けて、意識朦朧状態で帰途につきました。

今日は、地下鉄東山駅から美術館まで、駅の東側の小さな路地を入り川沿いを歩いて行ったのですが、
途中、民家の前に和菓子の名前の貼り紙を目ざとく発見。 柏餅、にっき餅 etc…
でもショーウインドーらしきものもなく、売っているのかしら?と気にしつつ、帰りに寄ってみることに。

さて、帰りに覗いてみました。
奥で忙しそうに職人さん達が立ち働いています。
商品は、入口前の小さな机にパックに入った和菓子が数種類積み上げてあるのみ。
ぼーっとしたまま、買えるのかなぁ?と迷っていますと、
「宜しかったらお一つからでもどうぞ!」と奥から声をかけてくださったので、柏餅を2個買い求めました。
味噌餡と漉し餡。包み紙には四条祇園饅頭と印刷してありました。
ここは祇園饅頭 工場、なんとラッキーなことに出来立てを買うことが出来たのでした。

我が家で、クレーの後の柏餅。
朦朧状態もやっと落ち着きました。


クレー展は15日までなので、もう一度訪れて彼の魅力に再度触れてみたいと思います。
次回は、祇園饅頭工場で、にっき餅も。

確か、美術館の近くに好日居 というカフェがあるはずなのですが… 
今回は立ち寄る時間がありませんでした…残念。


パウル・クレーの言葉 
線をこんな風にとらえているのか…と感覚的に理解できるのですが
日本語でぴったりな言葉が浮かばない…


A drawing is simply a line going for a walk.
Paul Klee

A line is a dot that went for a walk.
Paul Klee




英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品



写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 




       





この記事へのトラックバックURL
http://littera616.blog16.fc2.com/tb.php/245-6ea7c8f4
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。