--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.11

万年筆

知人に万年筆のコレクターがいます。

今、Omas の万年筆でイタリック体を書いているんだけど…と
コレクションの写真をメールで見せてくれました。

私が使うのは、通常つけペン。
なので知りませんでした。万年筆も、奥が深い。
車一台買えそうな値段のものがあったりして、ビックリ。
つけペンは、せいぜい数百円程度です。

知人曰く、Sailor 万年筆、特に、ペン先職人長原宣義氏による万年筆は素晴らしいとのこと。
この方、ペン職人歴63年。現代の名工です。
趣味の文具箱13 (エイムック 1705)
復活!すす竹万年筆の記事に登場されてます。
手に取ってみたいと思える逸品。きっと、高いだろうな。

さて、Sailorに魅せられた知人。
Sailorではイタリック体専用のペン先は製造しないのであろうか?
尋ねて欲しいとのこと。
多分無理と思いつつ、私も、一度万年筆で英字を書いてみたかったこともあり、
問い合わせてみました。

ペン習字用の万年筆がありますが、英語の筆記体用の万年筆はありますか?と
お尋ねしましたら、残念。Sailorの担当の方は、やはり日本語を書くことを第一に
考えてますから、英字を書くには輸入品の方が向いていると思いますとのお返事。
ですが、MS(Music)というペン先の万年筆でしたら、このペンでカリグラフィーを
書かれる方もいらっしゃいますとのことでした。

多分、この万年筆です。→ セーラー万年筆プロフィット14金 ミュージック(MS)


買ってみようかな?と思いつつ、つけペンならではの柔軟性はないだろうし…
思案中。

A fountain pen is like a cult.

その気持、分かりますよ~

でも私は、やっぱり、つけペン派。



英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         

Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 







この記事へのトラックバックURL
http://littera616.blog16.fc2.com/tb.php/259-9ed14b07
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。