--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.25

バーミンガムからのカップル

また、ご縁がありました。

Tea Ceremony En にイギリス人のカップルがいらっしゃいました。
お点前終了後、女性はパチパチと拍手して下さって、元来シャイな私はかなり照れてしまいました。

お茶を頂きつつ、どこからいらしたのかお尋ねしたら、バーミンガムとのこと。
まさかと思いつつ、「The pen roomご存知?」
とお尋ねすると、すぐ近くに住んでいらっしゃるとのこと。
しかも男性は教師なので、「時々生徒たちを見学に連れていくんだ」 と聞いて、ビックリ。
私が一昨年、The pen room を初めて訪れ、そこで子供達にせがまれて漢字で名前を書いてあげたことをお話ししたら、
とても喜んでくださいました。

"私の大好きなモノが、どこかで繋がっている"、とても嬉しくなりました。


そう言えば、"もう一つの大好きなモノ"、思い出しました。スイーツです。
友人のマーガレットとアランと話していた時、アランがマーガレットに「あのことをMasumi に教えてあげなさい!」
とマーガレットに促しています。「何、何?」って尋ねましたら、彼女は恥ずかしそうに「二人のなりそめ…」
アランがニコニコしてうなずいています。

ふたりはとても仲がよい。ですが、実は晩婚。
会社の会議で一緒になった時、かなり離れたテーブルの端と端に座ったにもかかわらず、
眼が合った瞬間、そらすことが出来なかったというのですから、一目惚れですね。
彼女は多忙を極めていたのですが、ある日、アランが彼女に命令したそうです。
「次の日曜は必ず日を開けておくように!」(アランは彼女の上司)
「忙しくて無理よ!」と言いつつ彼女が理由を尋ねると、彼は、こう答えました。
「日曜に僕たちは結婚するんだ。会場も予約してある」

マーガレットは、とっても嬉しそうに、ここが想い出の場所と写真を見せてくれました。

The Betty's のティールーム

「ベティのティールーム?」 思わず声をあげました。

私は、本格的なアフタヌーンティを体験したことなくて、行くならベティ!と決めていたのです。
まだ、実現してませんが。
"私の大好きなモノ" 訪れたい場所が、二人の想い出の場所だったなんて、これも嬉しい偶然の一致。

いつも心に留めておくと、こんな風にひょっこり出て来ることがあります。


もう一度尋ねたい The pen room
そして、是非訪れたい場所 The Betty's のティールーム


英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内         
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 


















この記事へのトラックバックURL
http://littera616.blog16.fc2.com/tb.php/269-90d3b15d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。