--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.26

Coppa di Amicizia

今日の話題は回し飲み♪

Tea ceremony Enという茶道体験教室では、外国の方に
お濃茶はとっても苦くて、豆スープの様にどろどろです。
そして、正客から順番に回し飲みしますと説明しています。

お出しするのはお薄なので、お濃茶のイメージはあまり良く伝わらない感じがしますが
お薄でも、お客様によってはとーっても苦く感じるようです。
ある時、ブラジルの方が私たちもお茶を回し飲みしますとおっしゃいました。
知りませんでした!

南米には一組の茶器を使い複数人がマテ茶を回し飲みする習慣があるそうです。お薄と違ってストローの
様な物を使い、順番に客に回していき、各人が満足するまで何杯でも回し続けるそうです。

他にも回し飲みする文化があるかな?と探してみましたら、お茶ではないですがありました!

バール、コーヒー、イタリア人―グローバル化もなんのその (光文社新書)

上記の本に載ってました。

イタリアにコッパ デ アミツィア「友情の杯」と呼ばれる飲み方があるようです。
友人にスペルを問い合わせてみましたら、正しくは“Coppa di Amicizia” 「Frindship Cup」
グラッパというお酒にエスプレッソや、レモンの皮、お砂糖を入れて作る飲み物で、
「グロッラ」と呼ばれ、これを皆で回し飲みするようです。
茶道のお濃茶とは違って、わいわいがやがや和気藹々と飲む感じでしょうか。
いかにもイタリア的ですね♪

回し飲み文化、興味が湧いてきました。もっと、探してみます。


さて、待ちこがれていた友人からのチョコが届きました。Mon CherieCadbury の大きなミルクトレーが、
かわいいスノーマンのラッピングに包まれていました。友人からは、メッセージを入れ忘れたとメールで連絡がありましたが、
なんのなんの、開けた途端甘い香りと共に“Enjoy!”と言ってる声が聞こえたよ~♪と早速返事。 


友人に感謝しつつ、英語筆記体で次の言葉を筆写します。


友情のレシピとは…

1カップの励ましの言葉 1カップ半の笑い 2カップの思いやり 半カップの各々の人生の喜びと悲しみ
それらをよく一緒に混ぜ合わし、愛と祈りを振りかけて、一生かけて暖かいハートの中でで焼き上げる。
そして、紅茶かコーヒーと一緒にどうぞ召し上がれ!


Recipe for Friendship 1 cup encouragement 1 1/2 cups laughter 2 cups understanding 1/2 cup each life's joys & sorrows

Mix well. Sprinkle with love and prayers. Bake in a warm heart for a lifetime. Serve often with tea or coffee.



英語ペン習字教室LITTERA ←筆記体に興味のある方は、こちらをクリック♪
カリグラフィー+plus← カリグラフィー教室ご案内 
Makigraphy ←カリグラフィー&蒔絵のオリジナル作品


写字室リテラにお立ち寄り下さって、ありがとうございます♪
人気ブログランキングへ 










この記事へのトラックバックURL
http://littera616.blog16.fc2.com/tb.php/279-2f8af542
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。